齋藤健太郎 / Kentaro Saito

1974年東京生まれ。2009年から横浜在住。
住んだことがある街は、尾山台、大泉学園、下北沢、山手、東戸塚。
勤めたことがある街は、渋谷、神保町、市ヶ谷、竹芝、赤坂、東銀座。
楽しみは本を読むこと、もしくは、活字を読むこと(中毒)。その他、音楽、演劇、作りモノの世界全般。
もっとも好きな作家は森博嗣。そのほか、森見登美彦、伊坂幸太郎、島田荘司、麻耶雄嵩など。村上春樹は大人になってから。
生まれてはじめて買った音楽はたぶんGO-BANG’S。はじめてアルバムを遡って全部揃えようと思ったのはFAIRCHILD。いろいろ参ったのはFlipper’s Guitar。つまりは小沢健二と小山田圭吾。それから20年以上経っているなんて歳を取ったなあ。

しごと方面でいうと、2000年頃から主にデジタルの領域で生計を立てています。
主に企業のビジネスをデジタルの力を使って支援するしごと。
と説明すると難しいとよく言われるけど、簡単に言えば人助けです。
まあたいていの仕事はそういうものだと思う。
タスク・システムプロモーション、ビジネス・アーキテクツを経て、2011年からネットイヤーグループ勤務。
企業を通じて、世の中をすこしでも良くできたらいいな、と思って働いています。

ほかのテキストを読む